MENU

 待ち合わせ当日の、この得体の知れない緊張感に押し潰されてしまいそうになっていました。
初めて会う相手とそのままホテルで関係を持つという事で、今までの自分では信じられないような状況に置かれていたからです。
本当にセックスをする約束で待ち合わせすることができるなんて、何だか夢の中にいるような感じもします。
「頑張って一発決めてこいや!」
同僚に激しく背中を叩かれて激励されました。
手荒い激励に痛みをこらえつつも、何とか頷いて返事をしていました。
本当に相手がやってきてくれるのかどうか、この心配はやはりこの段階でもありました。
コトネちゃんとはカカオトークに通知が来ていたし、きっと来る!って貞子の歌を反芻していました。

 

待ち合わせ場所にはかなり早い段階でついてしまいました。
女性って基本的に時間に遅れてくるものですから、のんびり待つつもりでした。
それでもたった5分程度の遅刻で、相手の女子大生が目の前に現れてくれたのです。
本当に会うことが出来てしまいました。
見た目も悪くなかったし、若いからタイルもかなり良い感じがしてしまいました。
「よろしくね!初めてを食べちゃうからね」
奔放女子大生に言われて余計緊張。
すぐにラブホテルに入っていく事になったのです。
初ラブホ、初セックス、何から何まで緊張することばかりなんだけれど、ペニスをしっかりと反応しているんです。
彼女に裸にされてビンビンペニスをしっかりと可愛がってもらい、自分も初めての女性の身体を見ながら触ったり舐めたりと愛撫をしていきました。
こんなに凄く気持ち良いんだ、そんなこと考えながらしっかりと女性の肉体の感触を味わい、奔放な女子大生のオマンコの穴の中にペニスを滑り込ませていったのでした。
初めての経験、童貞喪失、気持ちがいい、とにかくいろいろな気持ちが入り混じり激しく中で動かしていました。

 

素人でも安全で確実に割り切り出来る
割り切りサイトランキング
定番サイト登録無料